妥協して採用することは一番やっては行けないこと。

人を雇うということは高額な維持コストがかかることを忘れてはいけない

採用活動において最もやってはいけないこと、それは妥協して人を雇うことです。

妥協して採用して、採用活動に失敗してしまうと、保険料の会社負担分、時間、今いる従業員のモチベーションの低下、労働トラブルなど

会社に大きなコストがかかります。

人件費は給与だけでも月数十万円するので、人件費はどの投資より大きな維持費がかかることを忘れてはいけません。

よくある妥協失敗パターン

この中から選ばなければならないという心理

よくある失敗例として数名の募集に対して、十数名応募があったとき、

「この中から選ばなければならない」という心理にかられることです。

いっているように、採用で妥協してはいけません。

望みに達しない人材がいない場合、採用見送るべきです。

もう一度求人広告をして募集するほうが、採用失敗によるコストよりもよっぽど安上がりです。

自問自答して、妥協していないといえる場合に限り採用しましょう

いい人がいたら採用、それ以外不採用といったようなスタンスがベストかもしれません。

どうしても人手が足りない場合、契約社員さんの手を借りる

人手が不足していて、どうしても頭数が必要な場合は契約社員さんの手を借りるのも一つの手です。

そしてその期間に採用活動をしましょう。そうすることにより、頭数を補えます。

また契約社員の中には、優秀な方もいらっしゃいます。そうなればその方を正社員として採用すればいいのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です